大転子 お尻の外側

こんにちは♩

ご覧くださりありがとうございます

Nagoya Golf Clinic ストレッチトレーナーの相沢です

 

今回はゴルフの練習で大転子(お尻の外側)がつらくなる生徒さんがあまりにも多くいらっしゃるので

そこについてお伝えします♩♩♩

 

 

 

 

 

 

ゴルフをされている方はお気づきと思いますが、飛距離を出すには股間節の柔軟性が必要です

その柔軟性にはお尻の外側の筋肉 中殿筋が関わってきます

 

中殿筋は歩いたりバランスを保ったりするときに使いますが、スイングの体重移動の際にかなり使っています

テイクバック時に右お尻、ダウンからインパクトで左中臀筋へ

 

練習熱心な方、ラウンド続きの方は、もう中殿筋のオーバーユース状態で筋肉が過緊張しています

それを放置されていると筋肉の質が悪くなり「お尻がつらい」方が増えるんです

さらに硬い状態の中殿筋を酷使すると、スイングで股関節を動かす際に、中殿筋が付着している<大転子>に限界が来ます

(↑の写真で指してるところ)それが大転子のつらさです

そのままゴルフされるとまた反対の大転子まで痛くなる等、痛みの箇所が変わっていきますので 放置しないようにしましょう!

 

それの予防のため、中臀筋のメンテナンスを♩♩♩

プロでもラウンド後は中臀筋パンパンでケアをしています

腰痛予防の1つにもなりますよ☆

予防だけでなく、プロから教わるスイングを再現しやすくなるはずです☆

ゴルフに股関節の柔軟性は必須なのでぜひ中殿筋のストレッチを(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節が柔らかい人はこのストレッチがこの須田プロくらい伸びますよ~~☆

柔軟性のチェックをしたい方は、お気軽にお声かけください♩

 

相沢

 

 

 

.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*
名古屋市千種区、昭和区、東区ゴルフスクールレッスン
地域最大級の室内練習場
レッスンの先生が全員ツアープロ
レッスン・トレーニング・コンディショニングエステ・ヨガ・ストレッチでゴルファーをトータルサポートいたします!!
゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA